恵庭市立図書館様 プロローグ

将来都市像「水・緑・花 人がふれあう生活都市」、北海道恵庭市。
恵庭市には地域の学習意欲、読書推進を支え、牽引する図書館がある。

恵庭市立図書館は、1952年(昭和27年)から始まった移動図書館「あけぼの号」を基礎に、公民図書室や市民会館内図書室等を経て、1992年(平成4年) 7月30日に開館した。「ブックスタート事業」を2001年に全国の自治体に先駆けてスタートし、2004年には北海道内ではじめて公立図書館、学校図書館連携を実現。また、私立幼稚園・認可外保育施設への図書整備を進めるなど、読書活動の活性化に関して妥協がない。

今回は特徴的、独創的、有意義といくつも言葉が浮かんでしまう、ステキな活動をされておられる恵庭市図書館様に、想いをお聞きしたく、恵庭市まで足を運んだ。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ グレーライン・本

目次

プロローグ(本ページ)

1.地域に出よう!

2.Web上で図書館ブラウジング

3.高校へと広がる朝読

4.読まれない本で溢れていた学校

5.未来の市民の教育

恵庭市立図書館での取り組み

まちじゅう図書館

「お店やカフェ、オフィスなどのちょっとしたスペースに、店長や経営者、スタッフのお気に入りの本を展示し、訪れた人に自由に読んでもらい、本を通じた会話を楽しむ図書館です」

(恵庭市ホームページより引用)

その名の通り、街中のお店ひとつひとつが図書館となり、「本といえば図書館や本屋さんだけ」なんて考えを覆す取り組みだ。『まちじゅう図書館 参加店MAP』を見ると、カフェや雑貨店、銀行や郵便局、病院までもが「まちじゅう図書館」として開館しており、市内どこへ行っても本を楽しむことができる。

・恵庭市ホームページ

http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1379387062881/

・まちじゅう図書館パンフレット

http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1379387062881/files/map2014.pdf

▼はなほんマーク ▼まちじゅう図書館ロゴ 

全国の二歩日の図書館を紹介します 恵庭市立図書館 プロローグ全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ まちじゅう図書館

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館プロローグ ライン

「本de恋活・恋の花咲かせましょ」の実施(「図書館開館24時」事業の一環)

参加者にお気に入りの本を持ち寄ってもらい、自己紹介と本の紹介をしたあと、お茶とケーキを楽しみながら、本を使ったゲームをしてもらうというもの。定員枠20名は満員となり、参加者からは「また開催してほしい」という声も多く寄せられたという。(詳しくは番外編にて)また2016年には「本de友活」という、本の話題で友達づくりをしよう、という企画も生まれ、こちらも好評に終わった。
※両イベントとも既に終了済みです

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 本de恋活全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 本de友活

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館プロローグ ライン

「本の福袋」展、「本の枕(まくら)」展

「本の福袋」展は、司書があるテーマに沿った本を5冊選び,新聞紙で作ったバッグに詰め込んで展示するというイベント。当初90袋用意していたが、すぐに貸出されてなくなってしまい、追加で270袋を急ぎ作成した。本の福袋展の好評を受け、「開けてからのお楽しみ」企画の第2弾として開催したのが「本の枕」展だ。こちらでは、本の冒頭の書き出し部分(まくら)を印刷した紙で、表紙やタイトル、著者名を隠して展示した。冒頭部分だけを見せることで、自分で本を選ぶ楽しみはそのままに、開けるまでは中身が分からないという二重のワクワク感を味わえたことだろう。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 本の福袋展

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館プロローグ ライン

BALOON おはなし会

恵庭市内在住の外国の方が原語で読み聞かせをしたり、外国の手遊びや歌を紹介するというもの。子どもだけでなく、学生や大人も参加可能だ。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館プロローグ ライン

図書館開館24時~夏のミステリーナイト~

通常の閉館時間が午後6時であるところを深夜0時まで延長し、館内で謎解きやパネルシアター、大人向け絵本講座などといったイベントを行う。2016年度で4回目の開催となる。普段は開いていない時間帯の図書館で読書を楽しむのもよし、イベントを楽しむのもよし。大人も子どもも楽しめる構成となっており、毎年多数の来館者で賑わう。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 図書館開館24時ポスター



恵庭市立図書館写真集

展示例1

利用者からのリクエストに応じた展示コーナーを設けている。
左側には児童書、右側には一般書を配架しており、大人も子どももいっしょに楽しむことができそうだ。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 展示1



展示例2

内容ではなく、目から楽しむ、ということで青系統の表紙の本だけが展示されていた。
取材時は夏だったため、涼しい空気を醸し出してくれていたことだろう。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 展示2



話題本展示コーナー

一台のブックトラックいっぱいに話題本が並べられている。
上段では一部フェイスアウトもされており、思わず手に取りたくなってしまう。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 話題本展示



本のリサイクルボックス

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 本のリサイクルボックス



館内の様子

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 館内の様子



児童カウンター

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 児童カウンター



児童書コーナー掲示物

季節に合ったおすすめ本の紹介コーナー。
動物の掲示物を使って紹介しており、児童書コーナーの雰囲気にぴったりだ。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 展示2



児童向け郷土資料コーナー

なかなか目の届かない、上段や下段の本がフェイスアウトされており、目を引く配架になっている。

全国の日本一の図書館を紹介します 恵庭市立図書館様プロローグ 児童向け郷土資料コーナー

次の記事へ
1.地域に出よう!

ページ先頭へ

お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

022-226-7159
受付時間10:00〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ