学校図書館の力

システムは図書に効く

1.システムは図書に効く

「学校図書館をシステム化する」ことは、手書きの「データをデジタル化する」と言い換えることもできます。

2.読書の効果

読書好きの児童生徒は算数の正解率も高い!

文部科学省による平成21年度全国学力・学習状況調査を基にした国立教育政策研究所の分析によれば、『読書が好きな児童生徒の方が、正解率が高い傾向がみられる』とあります。読書好きの児童生徒の国語の正解率が高いということは想像に難しくありませんが、実際には算数・数学の正解率も高くなっています。

3.どうしたら生徒を図書館に呼べるのか

図書館は児童・生徒の興味を呼び起こす場所

システムの導入は、かならずしも児童・生徒を図書館に呼ぶための近道ではありません。システムの導入は、人間にしかできないことに時間を使う手段です。 計算はコンピューターにもできますが、児童・生徒との触れ合いは人間にしかできません。触れ合いの中で児童・生徒を図書館へと導く、その時間を確保するために図書館をシステム化し、業務の効率化を図るのです。

4.効率化を考える

司書の業務は貸出・返却だけではない

図書の貸出、返却、読み聞かせは司書の重要な業務ですが、それはほんの一部にしかすぎません。司書は、図書(実際には対象は本だけではなく、CD、DVD、紙芝居など多岐にわたっていますが)の選書と収集、整理・保管、貸出や蔵書データの統計と分析、またこの他にもレファレンスといわれる利用者からの質問に答える業務や、イベントの企画や広報、授業の準備をサポートすることもあります。

ページ先頭へ

お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

022-226-7159
受付時間10:00〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ